トップページ →投資信託をはじめる

投資信託をはじめる

最後に、投資信託を紹介したいと思います。これが一番投資を連想させる名前ですね。では、どういうものなのかというと、複数の人がお金を出し合って、一つのものを運営するというイメージです。一人一人の資金は少額でも、たくさんの人があつまれば、大きな資金となります。一人10万円の投資でも、100人集まれば1000万円になります。これで1000万円分の株や債権に投資することが可能になり、そこで生まれた利益に関しては、それぞれが投資した額に応じて、割合を決め書く投資家に分配されます。

この投資信託は、投資しようとしている金融商品や、マーケットに詳しくなくても、投資ができるというメリットがあります。投資家は、投資を行うだけで、資金の運用は専門家に任せるということになります。仕事などが忙しく、あまりかまっていられない方や、初心者でまだくわしくわからない方にとってはとてもよいと思います。

しかし、デメリットもあります。まず、手数料が高いです。証券会社や銀行に対して支払う販売手数料、投資信託の運用会社に対して支払う信託報酬という2種類の手数料を支払わなくてはなりません。

また、運用を専門家に任せる反面、実際に何が行われているのかがよく見えないという問題があります。実際にどのくらいの利益が出ているのかはもちろん、どのような商品にどのような形で自分の資金が投資されているのかがとてもわかりにくいということもあると思います。

もちろん報告書をもらうことはできますが、不透明な部分があるということは否定できません。 

株をはじめる

みなさんは、投資と言ったらまず何を思い浮かべるでしょうか?おそらく、株を思い浮かべるのではないかと思います。やはり、投資の中で、株が一番メジャーなのではないでしょうか?

外貨MMFをはじめる

株の他のには「外貨MMF」というものがあります。株というのは、ハイリスク・ハイリターン、時にはハイリスク・ローリターンとなります。投資というのはなかなか難しいものです。

FXをはじめる

このページでは、最近話題になっているFXを紹介したいと思います。FXとは、為替レートを利用した投資ですが、株と何が違うのでしょうか?株との一番の違いは、FXの場合、少額の資金で大きな額の取引ができることでしょう。株では最低必要資金がFXに比べて高額です。

投資信託をはじめる

最後に、投資信託を紹介したいと思います。これが一番投資を連想させる名前ですね。では、どういうものなのかというと、複数の人がお金を出し合って、一つのものを運営するというイメージです。